短距離ドライバーのメリット

短距離の運転手として働こう


世の中にはさまざまな仕事があります。その中で多くの人々が働いているのがトラックドライバーです。トラックドライバーの仕事も会社によって少し内容が異なったりしますが、簡単に言ってしまうと、長距離ドライバー、中距離ドライバー、そして短距離ドライバーに分けられます。会社によっては長距離のみ求人を出しているところもあれば、オールラウンドで求人を出しているところもあります。長距離の場合、基本的にかなり遠方まで荷物を運ぶため、長い時間運転できる体力と忍耐力が必要と言えるでしょう。その一方で短距離ドライバーの場合は、短い距離の往復になりますので、長時間運転しなくて済みます。車の運転は好きだけど、長い距離は厳しいという人には短距離ドライバーがおすすめです。

時間に融通が利くことがあります


短距離ドライバーの場合は、短い区間の往復になりますので、仕事時間や出勤日等も融通が利くことが多いです。一方で長距離ドライバーになりますと、往復の移動距離が長くなりますので、その分の拘束時間が長くなり、融通が利きにくくなるでしょう。仕事時間や出勤日に融通が利く仕事であれば、プライベートの時間も充実しますし、疲労度も長距離ドライバーよりも少なくなります。基本的にドライバーの仕事は、車の運転が好きな人がする傾向にありますが、いくら好きだといっても、毎日運転を続けていれば飽きてしまうこともありますし、疲労もたまります。ですから、これからドライバーとしての仕事を希望して求人を探すのであれば、短距離の求人がおすすめです。