長距離ドライバーのメリット

年収が高めな長距離ドライバー


トラックドライバーの仕事で大切なのが、配送距離です。長距離ドライバーはその名通り長距離を大型トラックで走り、目的地まで荷物を届けるドライバーのこと。走る距離が長いことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。長距離ドライバーのメリットに、短距離ドライバーや中距離ドライバーと比べて年収が高いというものがあります。長距離ドライバーの給料が高い理由は、拘束時間が長いからです。なかなか家に帰れず、運転するための時間や体力がたくさん必要になるため、その対価として給料が高くなっているのです。トラックドライバーの給料には、基本給以外にも様々な手当てが付きますが、長距離ドライバーは長距離手当というものが付くこともあります。

人間関係に悩まされることが少ない


トラックドライバー自体があまり人と関わらない仕事ですが、長距離を走るほど運転している時間が長いので、1人でいることが多くなります。人間関係によって、仕事を続けたいのにやめてしまうというのはよくあることです。トラックドライバーは人間関係に悩まされることが少ないので、体力的に問題さえなければ、長い間トラックドライバーとして働くことができるでしょう。トラックドライバーは1人でいる時間が長いので、1人でいるのが好きな人にとっては最高の仕事です。移動距離は長いですが、その分1人の時間を思いっきり堪能することができます。時間に余裕をもって運転すれば、空いた時間にご当地グルメや観光スポットなどに足を運ぶこともでき、それらも長距離ドライバーの楽しみの1つになります。