ドライバーの適性

短距離のトラック運転手に求められる素質とは?


短距離ドライバーに求められる適正ですが、フットワークの軽さです。長期的を走行する一般的なトラックドライバーに比べて、走行する時間と距離が短めです。主に都内のビジネス街と倉庫街を往復するような、元々決められたルートを短いスパンで走行する事が多いです。そのため、ドライバーが素早く荷降ろしの手続きをしたり、到着の連絡を依頼主や会社に送付したりと、ハード面とソフト面の両方でレスポンス対応の良さが要求されます。普段から連絡を正しく素早く行う人物であれば、短距離ドライバーのお仕事に適正があります。荷造りを素早く済ませたり、事務的な手続きをスピード感を持ちながらもケアレスミスなく、迅速に仕上げられる人材も、短距離ドライバーの世界では引く手あまたです。

短距離ドライバーは地理に明るい方が優位


短距離ドライバーのお仕事は渋滞との戦いでもあります。都内の道路は突然の道路工事や交通規制などで、渋滞がしばしば発生します。カーナビゲーションシステムの発達によって、今では土地勘がなくても臨機応変に抜け道にルートを切り替えられます。ただし、短距離ドライバーのお仕事を快適に進めるためには、少なくても都内の土地勘はあった方が何かと優位です。特定の道路が通行禁止になったり、規制されたり渋滞が起きても、頭に道が入っているベテランであれば臨機応変に走行するルートを変えられます。皆がカーナビに頼っている中、自力でルートを決められる短距離ドライバーはより迅速に取引先や依頼先まで荷物を届けられ、その分だけ人材としての評判は上がりますし、贔屓にしてもらえる可能性大です。